自己破産

自己破産という方法

借金の返済について、もうどうにもならなくなってしまった場合、自己破産という方法があります。

 

あくまで借金の返済をメインで考えていますので、自己破産という方法は借金返済の観点からすると最後の手段として考えて下さいね。

 

とは言え、借金返済イコール、人生終わりでは無いと言う事も理解して欲しいので簡単にご説明します。

 

自己破産とは、裁判所に破産申立書を提出し、免責許可をもらって、全ての借金をゼロにするという手続きを指します。

 

支払い不能となった場合、自己破産できるのですが、それは債務者の負債の額と収入、資産状況から判断します。

 

債務者が多額の借金などで経済的に破綻していて、債務者が努力しても支払不能と裁判所判断した時に、自己破産が認められます。

 

自己破産というのは、債務者の必要最低限の生活費と財産以外は全て換価し、債権者に対して、債権額に応じて借金を返済します。

 

その代わり、残りの借金の支払義務を免除するという救済制度になります。

 

国が定めた救済制度で、基本的に、債務者が自ら破産の申し立てをした場合に、自己破産の手続きをします。

 

自己破産すると、借金が免責されるので、精神的に楽になります。

 

自己破産には、社会人失格、大人失格という悪いイメージがありますが、国が法律で認めている人生を再生するための制度なのです。

 

実際、経済的破綻におちいった多くの人がこの制度で再生しています。

 

処理できなくなった債務をクリアできるので、もう一度やり直すことができます。