過払い金請求のデメリット

過払い金請求のデメリット

過払い金請求のデメリットは、過払い金請求をしてしまうと、請求した金融業者からは今後、お金を借りることができない可能性が高いところです。

 

業者によって対応は様々なので一概には言えませんが、過払い金請求をすると、大体、その業者からは新規に借り入れができないのが普通です。

 

非常に手間がかかるのも、過払い金請求のデメリットです。

 

過払い金があっても、業者は中々素直に返してくれるものではありません。

 

返還をしぶる業者が多く、裁判にまで発展することも少なくありません。

 

そこまでいくととても手間がかかります。専門家に依頼しないといけなくなるので、お金もかかります。

 

自分で過払い金請求をすれば、安く済みますが、その分、情報収集に余計に手間がかかってしまいます。

 

過払い金請求のデメリットでよくあるのが、個人信用情報に傷がついてしまうことです。

 

事故情報として記載されてしまう可能性があります。

 

ブラックリストに載ると、5年から7年ぐらいの間、クレジットカードを作ることができなくなり、ローンや借入ができなくなります。

 

過払い金請求をすると、契約見直しになり、事故情報が個人信用情報に記載されてしまうのです。

 

ただ近年、法改正により、過払い金請求をしても事故情報が記載されなくなったようです。