自己破産後の借入

自己破産後の借入

自己破産後の借入は、しばらく出来なくなります。自己破産手続きすると、全ての借金と債務が帳消しになります。自己破産で苦しい返済から解放された後は、堅実な生活を送りたいものです。

 

しかし、生活していく上で、住宅、車、学資などは、どうしてもついてまわります。銀行取引においては、口座の開設や口座を使った給与の振込み、各種引き落としなどは、これまで通りに利用できますが、住宅ローンやカードローンなど、お金を借りることは難しくなります。

 

 

自己破産後は、信用情報機関に事故として登録されることになります。事故データは、信用情報機関の間で知れ渡ることになるので、他の信用情報機関に加盟している金融機関もそのことを知ることになります。つまり、信用情報機関に事故者として登録されてしまうと、どこの金融機関でも借り入れは難しくなります。

 

 

もっとも、自己破産後、永久に借入できなくなるわけではなく、一定期間の措置になります。自己破産後、借入できない期間は大体5〜7年ぐらいといわれています。この期間を経過すれば、事故データは信用情報機関から削除されるので、新たな借り入れが可能になります。