債務整理の費用

債務整理の費用相場

借金の返済が不可能で、債務整理を行う時にかかる費用というのはどのくらいの費用が必要になるのでしょうか。

 

まず、公的な債務整理の場合には、法律で定められている手数料が必要です。

 

特定調停による整理であれば、1社について300円の収入印紙と郵便代が必要です。個人再生手続きによる整理の場合には、予納金と1万円の収入印紙、そして郵便代です。

 

横浜地方裁判所の場合には、予納金は19万1928円です。自己破産による整理の場合にも、予納金と900円分の収入印紙、それに郵便代が必要です。

 

資産がある場合には破産管財人を選任する必要がるために50万円以上の予納金が必要で、資産がないばあには1万5千円程度の予納金が必要です。

 

さらに、これに法律家に依頼をした場合には、法律家に支払う費用が必要です。

 

最近では、任意整理の場合には、1社について3万円程度の費用が必要な場合が多くなります。

 

また、過払い金請求などをした場合には、変換された過払い金の10%などが費用として必要になることが多くなります。

 

これらは法律家によって費用が異なりますので、相談をする時にはよく確認をしておく必要があります。