債務整理のデメリット

債務整理のデメリット

債務整理について

銀行のカードローンや消費者金融などのキャッシングはお金に困ったときに強い味方になってくれるものですが、一度借りてしまうと抵抗がなくなり、後先のことを考えずに借金地獄に陥ってしまう人も少なくはありません。

 

この借金地獄から脱却するためには、法律上支払い義務から開放される債務整理という方法があります。

 

しかし債務整理をしてしまうと周囲の人に知られたり、会社をクビになるのでは?とさまざまな心配をする人が多いのですが、債務整理を行っても周囲に知られるようなこともありませんし、会社をクビになったりもしません。

 

債務整理を行うことで、借金地獄から解放され日々の穏やかな生活を取り戻すことができますし、精神的にも随分と楽になります。

 

債務整理のデメリットといえば、クレジットカードでお金を借りることができなくなること、またローンを組むことができなくなるということです。

 

信用情報機関に債務整理を行ったことが情報として載ってしまうので、お金を借りることは難しくなりますが、周囲の人間に知られるようなこともありません。

 

しかし、強制的に借金することを回避することができるので、2度と同じ過ちを繰り返すことを避けることができるのもメリットだと言えます。

 

また、ある一定の期間が過ぎれば新たにクレジットカードを作ることも可能ですし、家や車のローンだって組むことができるのです。

 

メリットとデメリットを比較しても、債務整理にはメリットの方が多いのは事実です。

 

借金問題はこじれると取り返しがつかないので、メリット・デメリットを早めの段階で手を打つことをお勧めします。