債務整理と借金

事故情報機関について

債務整理を行うと、個人信用情報機関というところに記録が残ります。この記録のことを金融事故情報と言います。

 

個人信用情報機関に登録される記録にはいくつかの種類がありますが、このうち金融事故情報についての取扱は、債務整理の内容によって異なってきますし、信用情報機関によっても異なってきます。

 

一般的に延滞などの金融事故情報については、5年程度は事故情報として保持されますが、自己破産をしたという官報の情報については、概ね5年間記録が残ります。

 

以前はさらに長い7年から10年間事故情報が登録されていた時期がありましたが、CICやJICCでは債務整理の事実が発生した日から5年を超えない範囲と現在では規定がされています。

 

5年間というのは基本的には目安であり、その範囲内であれば事故情報が削除される可能性もありますが、5年間は登録されえいると考えが方がいいようです。

 

この個人信用情報は与信の判断材料となるため、事故情報が登録されている機関というのは、やはり再度借金をするのは難しいと考えた方が良いと言われていますので、債務整理の時にはよく考えておきましょう。