借金の時効について

借金の時効について

時効は一般的にはあることの効力が一定の時間が経過することで無効になるというものです。借金にも同様に時効が存在しますが、借金の場合にはさまざまな条件によってその年数が変わってきます。

 

一般的に貸金業者など個人が業者から借りたものであれば5年と定められています。一方で債務名義が作成されたり、個人同士の貸し借りであれば10年となります。
ただし、この年数は督促が行われなくなった状態を意味しており、最終的に督促を受けた日から換算することになります。

 

 

さらに長らく督促が行われない状態で、督促や返済を行った場合には再びその日からの換算となります。このため借金の時効を迎えさせるためには債務者から連絡のつかないような状態にする必要があり、生活にさまざまな制約を受けることになります。

 

 

一方で、年数が経過したからといって借金の時効が成立するわけではなく時効の援用を行う必要があります。援用は時間経過によって借金が無効になったことを宣言するもので、日付が確認できる内容証明郵便で送付することで成立するとされます。このさいに司法書士や弁護士に依頼するとより効果的です。

 

 

時効は法的に認められているといっても、あくまでも債務者に対して債権者が無効であることを宣言する必要があり、債務者によっては、さまざまな理由をつけて返済を求めてくるケースもあります。このような状態になったさいに法的に保護を受けるために時効の援用を行う必要があります。